宅配クリーニングにおける注意点と押さえておきたいポイント

宅配クリーニングにおける注意点と押さえておきたいポイント | 宅配ネットクリーニング委員会white-845071_640

宅配クリーニングリナビスの場合

宅配クリーニングの利用が働く人たち以外に主婦の間で広まってますが、宅配クリーニングは直接店舗に持ち込むのと違い、お店の方の顔が見えず、利用されたことがない方ならしっかりクリーニングされて無事帰ってくるのか心配かもしれません。

宅配クリーニングのリナビスは集荷は宅配業者が来ますが、洗濯物はリナビス専用集荷バックで行われて、各自用意した紙袋を使用すると他の荷物とまぎれ紛失されてしまうケースが出ているそうです。

リナビスの専用集荷バッグは中が外に出ないようファスナーで閉じ、結束バンドで固定するタイプです。

店舗への到着後衣類が検品されれば確認メールが届くのですが、数日経過しても届かなければすぐ問い合わせてください。

リスナビの検品方法は、到着した衣類は一枚づつ丁寧に検品されます。

判断が難しい衣類の場合は、電話、もしくはメールで確認連絡が入り、破損の恐れのある衣類はクリーニング前に何もしないで返却されて、破損が起きないような仕組みになっています。

店舗型クリーニング店でも破損リスクが少なからずあり、宅配クリーニングのリスクが特に高いというわけではありません。

逆に宅配のほうが管理がしっかりされて安心かもしれません。

宅配クリーニングにおける苦情のあれこれ

宅配クリーニング業者に寄せられるクレーム中でタタミジワが多く締めており、最近これを極力予防するため衣類の間に緩衝材を詰めたり、大きな段ボールでゆったり梱包して発送など工夫がされてます。

そして、それでも取れない時には業者に連絡し対応してもらえるようにしてください。

直接店頭でやり取りを行わない宅配クリーニングはその場で料金確定しなくて、自分が思っていた金額と実際届いた衣類を業者がチェックした時の額が異なることも。

特に自分がジャケットの部類と考えていたアウターがコートに分類されて計算されたケース、レースなど装飾料金が加算されてるケースがあり、取扱除外品を間違って送った時も着払いで返却されてしまうことがあります。

依頼をする前に確認が出来るのであれば確認を行った方が良いかもしれません。

宅配クリーニングにおける注意点と押さえておきたいポイントのまとめ

顔の見えない宅配クリーニングサービスは便利な反面、店舗型クリーニングでは起こりえない苦情も発生してしまう現状があります。

しかし上手に利用すればとても便利なサービスなのは間違いありませんね。

 



スポンサード リンク


↓↓宅配で送り届けしてくれる宅配クリーニングの方が安い!?↓↓
【ホワイト急便 VS リネット/せんたく便】宅配ネットクリーニングと店舗型・料金を比べてみました!

↓↓忙しい一人暮らしの男性や共働きのママに人気急上昇↓↓
発表!宅配ネットクリーニングおススメランキング♪


この記事の最上部へ

【宅配ネットクリーニング委員会】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ