毛皮のお手入れも出来る宅配ネットクリーニングサービス

毛皮のお手入れも出来る宅配ネットクリーニングサービスa0001_016180

~~宅配ネットクリーニング 毛皮~~

今回は宅配ネットクリーニング毛皮についてです。
特殊な毛皮はなかなかクリーニング店では扱ってもらえません。
ですが、毛皮を扱っている店もあります。
扱っている店や簡単な知識注意点を書かせていただきますので、参考にしていただけたらと思います。

1. 注意点
2. 知識
3. 扱っている店

 

++毛皮の注意点++

毛皮について1つ目は、注意点です。

クリーニング

クリーニングに出す場合は、毛皮専用のパウダークリーニングにしましょう。

ドライクリーニングに出したら、必要な油まで除去され、毛皮が傷みます。更につやがなくなる場合もあるそうです。

注意点

・匂いに注意
毛皮は香水やヘアースプレーなどの臭いを吸収しやすい性質を持っています。また化学変化が起きる事により、しみや黄ばみが起こる場合があります。タバコや防虫剤などの匂いも注意が必要です。

・ホコリに注意
1回の着脱でかなりの量のホコリをためてしまいます。そのまま放置しておくと、毛抜けの原因になります。付着したら、軽く叩いて落として下さい。

・火気厳禁
毛皮は熱に弱く、裏地にアイロンをかけた際も、皮の部分まで熱が伝わると、硬化・破れの原因となります。タバコやライターでも一瞬で毛先を焦がしてしまうので注意が必要です。

 

++毛皮の知識++

毛皮について2つ目は知識です。

普段のお手入れ

・着用後は軽く叩き、ホコリを落とし、毛並み沿ってブラッシングして下さい。
・雨や雪で濡れた場合は、乾いたタオルで拭き、かげ干しで乾かします。
・ジュースなどをこぼした場合は、すぐにふき取り、その後は、固く絞った蒸しタオルで軽く叩き出すようにふき取ります。完全にふき取らないと、虫食いの原因にもなります。

汚した箇所が広い場合は、クリーニングに任せた方が良いです。

保管方法

・毛皮についた汚れを放置すると、虫食いの原因になるので、必ず汚れを完全にとってから、ハンガーに吊るし、通気性の良い布カバーをかけて、片づけます。タンスの場合は防虫剤を使用し、虫食いを防いで下さい。

クリーニングに出して汚れを落としてから片づけるのがおすすめです。

・紫外線やホコリ対策は、カバーをかけましょう。
型崩れをさせないためにも、ハンガーにかけて、間隔をしっかり開けて吊るして下さい。

 

++毛皮の扱っている店++

毛皮について3つ目は、扱っている店です。

・白洋舎
・デア
・リネット
・洗宅倉庫
・革水(かわすい)

です。

白洋舎、デア、リネット、洗宅倉庫は前に書きましたので、興味がある方は見ていただけると嬉しいです。

革水は、革・皮革製品のクリーニング専門店です。

 

++++
以上が「宅配ネットクリーニング+毛皮」で検索し、出たサイトです。

熱にも水にも匂いにも弱い毛皮についてでした。
手入れの際には注意していただかないと、ダメになってしまう可能性もありますので、気を付けていただけたらと思います。

基本的には毛皮はどこでも扱っているわけではありませんので、よくご確認下さい。



スポンサード リンク


↓↓宅配で送り届けしてくれる宅配クリーニングの方が安い!?↓↓
【ホワイト急便 VS リネット/せんたく便】宅配ネットクリーニングと店舗型・料金を比べてみました!

↓↓忙しい一人暮らしの男性や共働きのママに人気急上昇↓↓
発表!宅配ネットクリーニングおススメランキング♪


この記事の最上部へ

【宅配ネットクリーニング委員会】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ