宅配ネットクリーニングや店でのクリーニング後の保管方法

宅配ネットクリーニングや店でのクリーニング後の保管方法 | 宅配ネットクリーニング委員会イラスト屋 洋服

今回は店舗で頼んだクリーニングや宅配ネットクリーニング後の保管方法についてです。

戻って来た服をすぐに着ず、家で保管する場合、皆様はどう保管していますか?

受け取った後、そのまま放置していると、虫食いやカビなど様々な原因で服がダメなる事があります。

服をダメにしないために、クリーニングから返って来た後の保管方法について書いていきます。

  1. クリーニング後にビニールを外して、服の状態を確認する。
  2. 服の状態の確認後、風通しの良い場所でかげ干しをする。
  3. クローゼットの中、虫食い、湿気、紫外線に注意する。

この3つは重要なので、ぜひ覚えてもらえると嬉しいです。

 

 クリーニングから返って来た後の保管方法 ポイント1

ビニールを外して、服の状態の確認

クリーニング後の保管方法で最初の注意する点は、ビニールを外すことです。

ビニールは持ち帰る際の、移動時の汚れを防ぐためにある物です。

ですからビニールは必ず外して下さい。

その後はすぐに服の状態のチェックし、何か異変があった場合は、すぐにクリーニング店に連絡をして下さい。

なぜすぐにチェックしないといけないかといいますと、異変を見つけても、時間が経ってから店に連絡を入れた場合は、その異変があったのが、店が原因か、それとも店から持ち帰ってからが原因かはっきりしないからです。

トラブルを防ぐためにも、クリーニングから返ってきた服は、すぐにチェックをお願いします。

 

クリーニングから返って来た後の保管方法 ポイント2

風通しの良い所でかげ干し

クリーニング後の保管方法の2つ目は、かげ干しをする事です。

当日仕上げや急ぎの場合、服が分厚い場合は、ドライ剤が乾かずに服に残る可能性があります。

ドライ剤の中には、肌に触れると肌荒れを起こす事がある物もあります。

とても危険なので、必ずかげ干ししてから着るようにして下さい。

 

クリーニングから返って来た後の保管方法 ポイント3

クローゼットの中、虫食い、湿気、紫外線に注意

クリーニング後の保管法の3つ目はクローゼットの中、虫食い、湿気、紫外線にも注意をする事です。

クリーニング後の保管の際に、注意していただきたいのがクローゼットの中です。

服を収納する際には、ブラッシングをし、ホコリや汚れを落としてから、収納するときれいに保存出来ます。

収納の際には、汚れた服の隣に置くと、汚れが移り、汚れがシミやカビの原因になるので、汚れた服とは別に収納して下さい。

ホコリを好む虫も居ますので、クローゼットの中はきれいにしないと服をダメにします。

 

防虫剤は服の上に置く必要があります。

防虫剤を含む気体は、空気より重く下に落ちていきますので、防虫剤は服の上に置いて下さい。

あまり詰めすぎると、効果も薄くなりますし、他の防虫剤とは併用しないで下さい。

使用方法をよく確認して、防虫剤をお使い下さい。

 

湿気が残っている場合や湿気の多い場所で保管すると、カビや黄ばみが発生し、型崩れを起こる事があります。

店によっては、アイロンのスチームで仕上げを行なっている場合、完全に乾燥せずにビニールを付けてしまい、湿気が残っている事があります

湿気が残っている状態のまま放置をすると、カビや黄ばみが発生してしまう可能性があります。

また、ビニールには酸化防止剤が使用されており、酸化防止剤で服の変色してしまう事があります。

 

紫外線が当たると、色あせをしてしまう場合があります。

窓際に吊るしたり、蛍光灯の真下は危険です。

ですから、保管場所は蛍光灯の光や日光が当たらない場所を選んで下さい。

 

この3つを注意してもらう事で、クリーニング後の服をきれいに保管が出来ます。

宅配ネットクリーニングや店舗で受け渡しをした際の、保管方法でもあります。

しっかり実践して衣類を大切に保管したいですね。



スポンサード リンク


↓↓宅配で送り届けしてくれる宅配クリーニングの方が安い!?↓↓
【ホワイト急便 VS リネット/せんたく便】宅配ネットクリーニングと店舗型・料金を比べてみました!

↓↓忙しい一人暮らしの男性や共働きのママに人気急上昇↓↓
発表!宅配ネットクリーニングおススメランキング♪


この記事の最上部へ

【宅配ネットクリーニング委員会】トップへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ